トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P30(232)~39(241)

第 I 部 新薬創出に向けたプラットフォーム構築

2.オープンイノベーション 2)企業の立場から:産学連携の可能性も含めて

塩野義製薬株式会社・シニアフェロー 坂田恒昭

                                                         
Summary

 近年の製薬業界には,二つのキーワードがある。まず一つは「グローバル化」,もう一つは「オープンイノベーション」である。医薬品が上市されるまでには15 ~ 20 年とも言われる長い期間を要し,しかも成功確率は20,000分の1と言われている。また,このための投下資本は500 億円とも1,000 億円とも言われている。オープンイノベーションという概念の下,アカデミア,バイオベンチャーの初期シーズを育てるために製薬企業のサポートが大いに期待されている。オープンイノベーションをうまく機能させるにはグローバルな視点を持って,創薬に思い入れのあるコーディネーター人材を育てる必要がある。本稿では,製薬業界からアカデミアに期待することを概説する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ