トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P54(256)~60(262)

第 II 部 注目の新薬

「ムルプレタ®錠3mg」

武蔵野赤十字病院・院長,消化器科 泉並木

                                                         
Summary

 ムルプレタ®錠3mg は7日間内服を原則とするが,内服開始5日目くらいから血小
板が増加し,28 日目くらいまで増加は持続する。血小板増多が最大となる8~ 13日目に観血的手技を予定して,内服を開始する。肝障害や腎障害時の注意事項は特段のことはなく,薬物相互作用の懸念もほとんどない。注意すべきは,血小板が増多しすぎて,血栓性のイベントが生じる可能性があるため,血小板が5万/mm3 以上に増加したり,投与前よりも2万/mm3 以上増加した場合には,内服を中止することである。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ