トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P71(273)~79(281)

第 II 部 注目の新薬

ハーボニー®配合錠

国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター 肝疾患研修室長 是永匡紹
国立国際医療研究センター ゲノム医科学プロジェクト・プロジェクト長 溝上雅史

                                                         
Summary

 ハーボニー® 配合錠とは,C 型肝炎ウイルス(HCV)に対する経口DAAs(Direct
acting antivirals)製剤の一つであり,NS5A 阻害剤レジパスビル90mg と核酸型ポリメラーゼ阻害剤ソホスブビル400mg の固定用量配合剤である。ソホスブビル400mg はソバルディ® 錠としてHCV 遺伝子型(ジェノタイプ)2型に対し保険収載され,非常に忍容性が高く治験と同様に95%以上の持続的ウイルス排除(SVR)率が各施設から報告されている。だがその一方で,ソホスブビル単剤の効果には限界があるため,リバビリン(RBV)の併用が必要である。わが国のHCV 感染者の約70%を占めるジェノタイプ1型にも,ソホスブビルに異なる作用機序のレジパスビルを併用することで,国内第Ⅲ相試験では100%のSVR 率が得られている。既にハーボニー®配合錠が使用可能となってから1年以上が経過し,実臨床でも一日1回1錠+ 12 週間の内服でソバルディと同様に高い治療効果を示している。一方,先行して発売されたDAAs(NS5A 阻害剤ダクラタスビル[DCV:Daclatasvir], NS3/4 プロテアーゼ阻害剤アスナプレビル[ASV:Asunaprevir])でSVR を得られなかった症例への有効性,また適応外である肝予備能低下例へ治療方法など,更なる取り組みが必要である。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ