トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P112(314)~118(320)

第III部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~新薬の広場~

免疫抑制剤

東北大学病院薬剤部 試験研究室長 菊地正史
東北大学病院薬剤部 教授・薬剤部長 眞野成康

                                                         
Summary

 近年,自己免疫疾患のメカニズムは分子レベルで解明されてきており,生物学的製剤やヤヌスキナーゼ阻害薬などの新薬が相次いで上市されている。乾癬では,ヘルパーT 細胞のサブセットの一つであるTh17 から産生されるインターロイキン(IL)-17 が,ケラチノサイトの増殖や関節の炎症に関与することが明らかとなっている。
 2016 年には,新たな乾癬治療薬として,ヒト化抗IL-17A モノクローナル抗体のイキセキズマブ(トルツ®皮下注 80 mg オートインジェクター,同シリンジ)および抗IL-17 受容体完全ヒト抗体のブロダルマブ(ルミセフ®皮下注210 mg シリンジ)が承認された。本稿では,これらの作用機序,臨床成績,薬物動態および副作用などについて概説する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ