トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P208(410)~213(415)

第III部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~新薬の広場~

脂質異常症治療薬

複十字病院糖尿病,生活習慣病センター長 及川眞一

                                                         
Summary

 高コレステロール血症に対する治療は,スタチンの登場によって完成したように思われる。しかし,症例によっては治療効果が不十分であり,プラズマアフェレーシス実施例の負担軽減,より積極的な治療法が望まれる例,あるいはLDL(低比重リポ蛋白)コレステロールのより大きな低下を目標とすべき例が存在する。このような例に対する積極的な治療として,抗PCSK9(プロ蛋白転換酵素サブチリシン/ ケキシン9 型)抗体の利用が期待される。この抗体の作用機序と,これを基にした新たな開発の動きに触れる。また,PPARα(ペルオキシソーム増殖剤活性化受容体α)の賦活剤は,高TG(トリグリセリド)血症に対する治療薬として認められているが,PPARαに対する選択制の高い化合物が発見され,臨床応用が期待されている。2017 年の新薬として両系統の薬剤が展開されるものと思われる。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ