トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P251(453)~255(457)

第III部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~新薬の広場~

消化器疾患治療薬

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病理学・病理診断科・講師 赤澤祐子
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科消化器内科学 宮明寿光
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科消化器内科学 准教授 竹島史直
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科消化器内科学 教授 中尾一彦

                                                         
Summary

 直接作用型抗ウイルス内服薬(DAAs)の登場により,これまで難治とされていたC型肝炎ウイルス(HCV)ゲノタイプ1 型に対するHCV 駆除率は大幅に改善した。現在,すべてのHCV ゲノタイプに対して強い抗ウイルス活性を持つ(pan-genotypic)DAAs の開発が進んでいる。近年,肝硬変の諸症状を制御,緩和する治療薬も登場した。カリウムイオン競合型の酸分泌阻害薬であるボノプラザンは,従来型プロトンポンプ阻害薬(PPI)抵抗性の難治性逆流性食道炎の治癒率,ヘリコバクター・ピロリの除菌率を明らかに改善した。炎症性腸疾患に対する新規治療薬の開発治験は着実に進んでおり,本稿ではその概要について紹介する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ