トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P285(487)~290(492)

第III部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~新薬の広場~

パーキンソン病治療薬

京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座臨床神経学(神経内科) 澤村正典
京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座臨床神経学(神経内科) 教授 高橋良輔

                                                         
Summary

 パーキンソン病治療薬は,持続的ドパミン刺激の理論を元に徐放剤,貼付薬,MAO-B(選択的モノアミン酸化酵素)阻害薬,COMT(カテコール-O  -メチル基転移酵素)阻害薬が開発されてきた。2016 年9月に空腸投与用レボドパ・カルビドパ水和物配合剤(デュオドーパ®配合経腸用液)が上市され,症状の日内変動やジスキネジアへの効果が期待されている。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ