トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P291(493)~297(499)

第III部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~新薬の広場~

眼科治療薬

滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部 髙田佳代子
滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部 教授/ 薬剤部長 寺田智祐

                                                         
Summary

 斜視治療は従来,屈折矯正や視能訓練などの非観血的療法もしくは手術療法が行われてきた。この度,A 型ボツリヌス毒素製剤が斜視への適応を取得したことにより,斜視に対する新たな治療が可能となった。また,血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)阻害薬で現在最も多く使用されているアフリベルセプトにおいて,網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する適応が追加された。
 本稿では,上記2剤に加え,第III相臨床試験が進行中の新規メカニズムのプロスタグランジン関連薬や,非感染性後眼部ぶどう膜炎に対する非ステロイド性硝子体内注射薬についても概説する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ