トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P9(1517)~15(1523)

特集 ビタミンD Update Review

ビタミンD代謝の調節機構

Update on recent progress in vitamin D research. Vitamin D Metabolism and Its Regulation.

地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪母子医療センター研究所環境影響部門・部長 道上敏美(Toshimi Michigami)

                                                         
Summary

 ビタミンDはD2およびD3として食品から摂取されるのに加え,皮膚で紫外線B波の照射により7-デヒドロコレステロールよりD3として合成される。これらの天然型ビタミンDはCYP2R1により主に肝臓で25位の水酸化を受け,腎臓でCYP27B1により1α位の水酸化を受けて活性型である1,25水酸化ビタミンD[1,25(OH)2D]に代謝される。一方,CYP24A1は25水酸化ビタミンD(25OHD)を24,25水酸化ビタミンD[24,25(OH)2D]に,1,25(OH)2Dを1,24,25水酸化ビタミンD[1,24,25(OH)3D]に変換することにより1,25(OH)2Dのレベルを低下させる。CYP27B1やCYP24A1は腎臓以外にもさまざまな組織に発現しており,これらの組織で産生される1,25(OH)2Dは局所で作用すると考えられている。


 Vitamin D is taken up from food as D2 and D3. Vitamin D3 is also synthesized from 7-dehydrocholesterol in the skin by the exposure of ultraviolet B. The D2 and D3, which are called native vitamin D, are hydroxylated at C25 in the liver by CYP2R1 and then at C1 in the kidney by CYP27B1, to be converted to an active vitamin D metabolite, 1,25-dihydroxyvitamin D[1,25(OH)2D]. CYP24A1 converts 25-hydroxyvitamin D(25OHD)and 1,25(OH)2D to 24,25-dihydroxyvitamin D[24,25(OH)2D]and 1,24,25-trihydroxyvitamin D[1,24,25(OH)3D], respectively, to decrease the level of 1,25(OH)2D. CYP27B1 and CYP24A1 are mainly expressed in the kidney but also detected in other tissues, and it is suggested that 1,25(OH)2D produced in the extra-renal tissues may exert its effects locally.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ