トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P17(1525)~24(1532)

特集 ビタミンD Update Review

ビタミンDと骨・ミネラル代謝

Update on recent progress in vitamin D research. Vitamin D and bone, mineral metabolism.

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科分子硬組織生物学・准教授 増山律子(Ritsuko Masuyama)

                                                         
Summary

 ビタミンDはカルシウムやリンなどのミネラルの生体内動態に影響し,さらに骨の細胞機能を変化させながら,骨・ミネラル代謝を調節する。骨・ミネラル代謝におけるビタミンDの標的器官は,食事からのミネラル成分を吸収する消化管(小腸),吸収したミネラルの尿への排泄を調節する腎臓尿細管,血中ミネラルを感知する副甲状腺,ミネラル貯蔵庫の骨である。本稿では,これまでに明らかにされたそれぞれの器官でのビタミンDの作用に触れながら,骨量を適正に維持し,カルシウムやリン等の骨の主要ミネラル成分の生体内恒常性を整える仕組みを概説する。


 Vitamin D endocrine system is required for bone and mineral homeostasis through the active form of vitamin D[1α,25(OH)2D3]transported to the target organs, where the vitamin D receptor(VDR)is present. The biological significance of 1α,25(OH)2D3-VDR signalling is regarded not only in classical target of vitamin D involved in calcium and phosphate homeostasis, such as intestine, bone, kidney and parathyroid glands, but also in many other non-classical target cells of vitamin D including skin keratinocytes, pancreatic β cells, cardiomyocytes, T-lymphocytes, bone marrow macrophages, among others. Although 1α,25(OH)2D3-VDR signalling in classical target organs of vitamin D has been extensively studied, its precise function in these target organs still needs further investigation.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ