トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P35(1543)~42(1550)

特集 ビタミンD Update Seminar

ビタミンDによる核内受容体を介したエピゲノム制御の分子機構

Update on recent progress in vitamin D research. Molecular basis of epigenetic regulation by vitamin D via its nuclear receptor.

いわき明星大学地域連携センター/公益財団法人ときわ会先端医学研究センター・特任教授/センター長 加藤茂明(Shigeaki Kato)
いわき明星大学地域連携センター/公益財団法人ときわ会先端医学研究センター 西村耕一(Kou-ichi Nishimura)
いわき明星大学地域連携センター/公益財団法人ときわ会先端医学研究センター 森甚一(Jin-ichi Mori)

                                                         
Summary

 染色体の構造や環境は,エピゲノム制御の本態でもある。また,ビタミンD受容体を始めとした核内受容体による標的遺伝子群の転写制御は,染色体の構造や環境に大きく依存する。本稿では,染色体構造と機能調節の分子機構を,ヒストンタンパク修飾による染色体構造調節やクレオソーム配列の再整備について,それらヒストンタンパク修飾酵素や,染色体構造調節関連因子による転写とエピゲノム共制御を中心に概説する。それとともに,最近明らかにされつつあるnon-coding RNAの一種であるenhancer RNA(eRNA)の染色体構造調節の役割についても紹介したい。


 Environment and structure of chromatin underlie epigenetics, and they also facilitate transcriptional regulations by nuclear receptors including VDR. In this short review, the molecular basis of chromatin remodeling and post-translational modifications of histone proteins are illustrated with characterization of their regulators, providing mechanisms for co-regulation of epigenetics and transcription on chromatin. Moreover, the role of enhancer RNA (eRNA), one of the non-coding RNAs, in chromatin configuration is discussed for gene regulation by VDR.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ