トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P43(1551)~51(1559)

特集 ビタミンD Update Seminar

自己免疫疾患におけるビタミンD~基礎研究から臨床応用まで~

Update on recent progress in vitamin D research. The effects of vitamin D in autoinflammatory diseases.

大阪大学大学院医学系研究科・免疫細胞生物学 粟生智香(Tomoka Ao)
大阪大学大学院医学系研究科・免疫細胞生物学・助教 菊田順一(Junichi Kikuta)
大阪大学大学院医学系研究科・免疫細胞生物学・教授 石井優(Masaru Ishii)

                                                         
Summary

 樹状細胞やマクロファージ,リンパ球など様々な免疫細胞が,ビタミンD受容体やビタミンD活性化酵素を発現することが知られており,活性型ビタミンDによる免疫制御機構が次第に解明されてきた。一方近年,現代人のビタミンDの不足・欠乏が指摘される中,ビタミンDの不足・欠乏が自己免疫疾患の発症や増悪と関連することが明らかになった。さらに自己免疫疾患の予防や治療における活性型ビタミンD製剤やビタミンD3の有効性が検討されている。
 本稿では,自己免疫疾患とビタミンDとの関連性についての最近の臨床研究を紹介するとともに,その基礎となる免疫細胞へのビタミンDの作用機序について概説する。


 Various kinds of immune cells -including dendritic cells, macrophages, T cells and B cells- express the vitamin D receptor and 1α-hydroxylase(CYP27B1). In vitro studies have shown the anti-inflammatory effect of 1,25-dihydroxyvitamin D:the active form of vitamin D. As vitamin D deficiency spread in our society, epidemiological studies have established the association between vitamin D deficiency and incidence or progression of several inflammatory diseases, including rheumatoid arthritis(RA), systemic lupus erythematosus(SLE), and multiple sclerosis(MS). In addition, recently the property of vitamin D for treatment or prevention is debated.
 Here, we review the recent epidemiological evidence associated with vitamin D and inflammatory diseases, and describe the immunomodulatory effect of vitamin D underlying it.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ