トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P63(1571)~70(1578)

特集 ビタミンD Update Seminar

ビタミンDと筋組織

Update on recent progress in vitamin D research. Vitamin D and muscle tissues.

徳島大学大学院医歯薬学研究部分子栄養学分野・助教 金子一郎(Ichiro Kaneko)
徳島大学大学院医歯薬学研究部分子栄養学分野・教授 宮本賢一(Ken-ichi Miyamoto)
徳島大学大学院医歯薬学研究部生体栄養学分野・教授 二川健(Takeshi Nikawa)

                                                         
Summary

 高齢者において,生体内ビタミンD不足が骨折リスク上昇だけでなく,サルコペニア発症や心血管機能の低下へ関与していることが示唆されている。近年,遺伝子改変動物を用いた実験から,骨ミネラル代謝以外におけるビタミンD受容体(VDR)の多くのメカニズムが明らかになりつつある。本稿では,骨格筋,心筋,血管平滑筋におけるビタミンDの役割および作用機序について論究する。また,骨粗鬆症治療薬として開発されたエルデカルシトール(活性型ビタミンD製剤)による筋機能維持効果が動物実験で確認されており,骨と骨格筋の両方への相乗的効果が見込まれる。適正なビタミンD状態を維持することは,骨折予防に加えて筋代謝異常を伴う慢性疾患の改善に有益な効果をもたらすことが期待される。


 In elderly people, vitamin D insufficiency may increase the risk of fracture, and may also be involved in the development of sarcopenia or cardiovascular decline. Recent studies using vitamin D receptor knockout mice unveiled multiple functions of vitamin D beyond bone and mineral metabolism. This review describes the actions of vitamin D in skeletal, cardiac, and vascular smooth muscle. Eldecalcitol, an active vitamin D analog developed for the treatment of osteoporosis, also effectively improved skeletal muscle function in vivo, and may have synergistic activities in bone and muscle. Maintaining an optimal vitamin D status protects against fracture, and is expected to have beneficial effects for improving chronic diseases accompanied by muscle function abnormalities.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ