トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P71(1579)~78(1586)

特集 ビタミンD Update Seminar

新規構造を有するビタミンD誘導体

Update on recent progress in vitamin D research. Development of novel Vitamin D Derivatives.

東京医科歯科大学生体材料工学研究所薬化学分野・教授 影近弘之(Hiroyuki Kagechika)
東京大学分子細胞生物学研究所・講師 藤井晋也(Shinya Fujii)
お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系・准教授 棚谷綾(Aya Tanatani)

                                                         
Summary

 ビタミンD3は代謝されて活性型ビタミンD3[1α,25(OH)2D3]となり,ビタミンD核内受容体(VDR)を介して,血中のカルシウム濃度維持や骨形成,免疫機能,細胞の分化・増殖など重要な生理作用を制御している。これまで骨粗鬆症や乾癬などの治療薬への応用を目的に多くの誘導体が創製されてきたが,ほとんどのVDRリガンドは活性型ビタミンD3と同じセコステロイド骨格を有している。近年,VDRの機能制御の機構が解明されるとともに,セコステロイド骨格を有さない新規VDRリガンドの報告がなされるようになってきた。新たな構造と特徴的な活性プロファイルを有する化合物の開発によって,ビタミンD療法の新たな医薬展開が期待される。


 Vitamin D3 plays important roles in many physiological processes, including calcium and phosphate homeostasis, bone metabolism, and immune regulation. An active form of vitamin D3, 1α,25(OH)2D3, binds to vitamin D nuclear receptor(VDR, vitamin D receptor), and regulates expression of specific target genes. Thousands of vitamin D3 analogs have been synthesized, and the structure-activity relationships of secosteroidal compounds have been examined in detail. On the other hand, development of non-secosteroidal VDR ligands remains limited, and only a few non-secosteroidal VDR ligands with potent activity have been reported so far. Development of novel structures with unique biological profiles would enable the new clinical application of vitamin D function.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ