トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P79(1587)~86(1594)

特集 ビタミンD Update Topics

エルデカルシトールと腸管カルシウム吸収

Update on recent progress in vitamin D research. Eldecalcitol and intestinal calcium absorption.

女子栄養大学栄養生理学研究室・教授 上西一弘(Kazuhiro Uenishi)
成人病診療研究所・所長 白木正孝(Masataka Shiraki)

                                                         
Summary

 ビタミンDには様々な生理作用が確認されてきているが,最も重要な生理作用は腸管からのカルシウム吸収を促進することである。カルシウムは吸収率の低いミネラルであり,さらに近年カルシウム摂取量も減少している。カルシウム吸収率は高齢者では低下傾向にある。したがって,腸管からのカルシウム吸収率を高めることは重要である。
 エルデカルシトールは,腸管からのカルシウム吸収を高め,骨吸収を抑制し,骨密度を高め,骨折を抑制する効果が認められている。エルデカルシトール服用時には,アルファカルシドール服用時に比べ,活性型ビタミンD[1α,25(OH)2D]の血液中濃度は低い。これはエルデカルシトールが腎臓におけるビタミンDの活性化を抑制するからである。したがって,エルデカルシトールの腸管からのカルシウム吸収促進作用は,1α,25(OH)2Dの作用によるものではなく,エルデカルシトール自身の作用によると推定される。


 Though various physiological actions have been attributed to vitamin D, its most important function is to promote absorption of calcium from the intestinal tract. While the absorption rate of calcium is generally low, it tends to decline further with age. In addition, calcium intake is decreasing in recent years in Japan. Therefore, it is important to increase the intestinal calcium absorption rate.
 Eldecalcitol has been shown to increase calcium absorption from the intestinal tract, suppress bone resorption, increase bone mineral density, and prevent fractures. Elocalcitol use leads to a lower systemic active vitamin D[1α,25(OH)2D]concentration, compared to that with alfacalcidol use. This is because eldecalcitol inhibits vitamin D activation in the kidney. Therefore, it is presumed that the calcium absorption-boosting effect of eldecalcitol is not due to the action of 1α, 25(OH)2D, but due to eldecalcitol itself.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ