トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P87(1595)~92(1600)

特集 ビタミンD Update Topics

エルデカルシトールと転倒

Update on recent progress in vitamin D research. Eldecalcitol® and Fall Prevention.

桜美林大学老年学総合研究所・所長/元 国立長寿医療研究センター・研究所長 鈴木隆雄(Takao Suzuki)

                                                         
Summary

 疫学研究において,血清25(OH)D(25-ヒドロキシビタミンD)濃度が身体機能,握力,片脚起立時間,歩行速度と関連することが示されている。また血清25(OH)D濃度が低い高齢女性は,転倒リスクが高いことが報告されている。本稿では,わが国の地域在宅高齢者の血清ビタミンD濃度の現状と関連する転倒への影響について概説する。さらに,これまで筋パワーや動的座位バランスなどを改善することが報告されている,活性型ビタミンD誘導体であるエルデカルシトール(ELD)の転倒の発生に影響する立位での静的および動的バランス機能についても,最近のランダム化試験による臨床研究についても紹介する。


 In the elderly, vitamin D deficiency results not only in impaired bone mineralization, but also myopathy. Low vitamin D has also been shown to be associated with decline of muscle strength, sarcopenia, functional limitation, and disability. Several recent studies have shown that low serum vitamin D concentration is associated with lower physical function and falls in older adults. In this article, the author reviews a relationship between falls and serum vitamin D concentration of the elderly living in the community, and also introduces the major results from a recent randomized controlled trial on prevention of decline of fall-related balance performance by the treatment with newly developed active vitamin D(Eldecalcitol® )among the women with age 65 years old and over and diagnosed as osteoporosis.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ