トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P93(1601)~100(1608)

特集 ビタミンD Update Topics

ビタミンD不足・欠乏

Update on recent progress in vitamin D research. Vitamin D insufficiency/deficiency.

帝京大学ちば総合医療センター第三内科・教授 岡崎亮(Ryo Okazaki)

                                                         
Summary

 生体内のビタミンD貯蔵量は,血清25(OH)D濃度に反映される。最近公表された日本の「ビタミンD不足・欠乏の判定指針」において,25(OH)D濃度30 ng/mL以上をビタミンD充足,20~30 ng/mLをビタミンD不足,20 ng/mL未満をビタミンD欠乏と判定する指針が示された。血清25(OH)D濃度が低ければ低いほど,二次性副甲状腺機能亢進症,骨密度低下,転倒,骨折リスク,骨軟化症・くる病,低カルシウム血症のリスクが高まり,骨粗鬆症治療薬に対する反応性が低下する。骨・ミネラル・筋関連事象以外にも,ビタミンD不足・欠乏と,免疫,代謝,悪性腫瘍などとの関連を示した多くの疫学研究の結果が存在する。


 Serum 25(OH)D level reflects bodily vitamin D store. Recently published“Assessment criteria for vitamin D deficiency/insufficiency in Japan”defines vitamin D sufficiency as 25(OH)D level of 30 ng/mL or more, vitamin D insufficiency as that of 20 to 30 ng/mL, vitamin D deficiency as that of less than 20 ng/mL. The lower the serum 25(OH)D level is, the higher the risks are, of secondary hyperparathyroidism, low bone mineral density, fall, fracture, rickets/osteomalacia, and hypocalcemia, as well as lower response to anti-osteoporosis medications. Beyond musculoskeletal disorders, vitamin D insufficiency/deficiency has been shown to be associated with various immunological, metabolic, and malignant disorders mainly by basic and epidemiological studies.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ