トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P107(1615)~114(1622)

特集 ビタミンD Update Therapy

ビタミンDによる代謝性骨疾患治療

Update on recent progress in vitamin D research. Treatment of metabolic bone disorders by vitamin D.

帝京大学ちば総合医療センター第三内科 渡部玲子(Reiko Watanabe)
帝京大学ちば総合医療センター第三内科・教授 井上大輔(Daisuke Inoue)

                                                         
Summary

 ビタミンDは骨・ミネラル代謝の維持に必須のホルモンであり,重度のビタミンDの作用障害はくる病・骨軟化症の原因となる。軽度の場合も副甲状腺ホルモンの上昇や骨密度低下など,健常な骨代謝の維持が障害され,転倒も増加する。くる病・骨軟化症に対しては,その病態に応じて天然型ビタミンD3,活性型ビタミンD3を用いる。また,骨粗鬆症治療においては,骨吸収抑制薬の治療効果には天然型ビタミンD3補充によるビタミンD充足が重要である。単独では骨密度増加や椎体骨折抑制効果に優れた活性型ビタミンD3誘導体であるエルデカルシトールが有効である。


 Vitamin D is indispensable for bone health and calcium metabolism, and decreased action of vitamin D causes various abnormalities in bone metabolism. Severe vitamin D deficiency causes osteomalacia/rickets. Even milder vitamin D insufficiency could still be harmful for bone health via secondary hyperparathyroidism and bone loss, and could also lead to increased risk of falling. Osteomalacia/rickets associated with impaired vitamin D action should be treated by either native or active vitamin D3, depending on its etiology. As for osteoporosis, vitamin D repletion is important to adequate therapeutic effects of anti-resorptives. As a monotherapy, eldecalcitol, active vitamin D3 analogue, has been shown to increase bone mineral density and to decrease the incidence of vertebral fractures with significantly greater efficacy compared to active vitamin D3.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ