トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P115(1623)~120(1628)

特集 ビタミンD Update Therapy

ビタミンDによる副甲状腺機能低下症治療

Update on recent progress in vitamin D research. Vitamin D treatment for hypoparathyroidism.

千葉県こども病院・診療部長 皆川真規(Masanori Minagawa)

                                                         
Summary

 副甲状腺機能低下症の治療には主に活性型ビタミンD製剤が用いられている。副甲状腺ホルモン(PTH)によるカルシウム恒常性の維持は間接的にビタミンD活性化を介しており,活性型ビタミンD製剤による治療では,主に腸管からのカルシウム吸収を増加させる作用によって低カルシウム血症を是正している。PTHは骨と腎ではビタミンDと協調して血中カルシウム濃度を上昇させる方向にはたらくが,尿細管におけるカルシウム再吸収機構にはPTH依存性能動輸送が必須であり,ビタミンDによる治療では高カルシウム尿症をきたしやすいなどの問題がある。


 The patients with hypoparathyroidism have been treated with active vitamin D(ie, alfacalcidol and calcitriol). Parathyroid hormone(PTH)increases extracellular calcium concentration partly through the activation of vitamin D, and active vitamin D corrects hypocalcemia mainly by increasing intestinal calcium abosorption. PTH coordinately increases blood calcium level with vitamin D in bone and kidney, however, renal tubular reabsorption of calcium is regulated by PTH-dependent mechanism. Hypercalciuria is an complication of long-term vitamin D treatment for PTH-deficient hypoparathyroidism.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ