トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2017年11月号(Vol.27 No.11)

P130(1638)~136(1644)

連載 ミニ連載Ⅰ.ゲノム編集~最新の遺伝子改変技術の原理と可能性~

1.ゲノム編集の基本原理

Genome editing ~Principle and possibility of a novel genetic engineering technology. Basic principles of genome editing.

広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻・教授 山本卓(Takashi Yamamoto)

                                                         
Summary

 ゲノム編集は,人工のDNA切断酵素を利用して標的遺伝子を正確に改変するバイオテクノロジーである。ゲノム編集によって,様々な生物や培養細胞において遺伝子破壊(ノックアウト)や遺伝子挿入(ノックイン)が可能である。2012年に開発されたCRISPR-Cas9は,簡便かつ高効率な人工DNA切断酵素であり,世界中でその利用が急速に広がっている。そのため,ゲノム編集技術をいち早く取り入れることが,ライフサイエンス分野の進展に必要と考えられる。


 Programmable site-specific nuclease mediated-genome editing is an emerging biotechnology for precise manipulation of target genes. In genome editing, gene-knockout as well as gene-knockin are possible in various organisms and cultured cells. CRISPR-Cas9, which was developed in 2012, is a convenient and efficient programmable site-specific nuclease and the use spreads around the world rapidly. For this, it is important for the progress of life science research to introduce the genome editing technology.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ