トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2017年11月号(Vol.53 No.11)

P113(2499)~115(2501)

特集 医薬品の禁忌・適応外使用

7.患者が望む医薬品の適応外・禁忌での使用

認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML・理事長 山口育子

                                                         
Summary

 適応外・禁忌の医薬品は,医療現場では必要に応じて実際に使用されている。しかし,一般的に患者は,適応外・禁忌と聞けば「使ってはいけない」医薬品と考える。その扱いについて,これまで各医療機関や各診療科任せで曖昧だったものが,特定機能病院の集中立入検査を経て,承認要件の見直しでも明確化された。適応外・禁忌の医薬品を使用する必要性が生じた場合には,その理由やリスクなどについて,医師はいかに患者へ分かりやすく説明するかが問われている。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ