トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2017年11月号(Vol.53 No.11)

P125(2511)~132(2518)

特集 医薬品の禁忌・適応外使用

9.岐阜大学医学部附属病院における対応

岐阜大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長 安田浩二
岐阜大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長 鈴木昭夫
岐阜大学医学部附属病院薬剤部 臨床倫理室長/教授(医学系倫理・社会医学) 塚田敬義
岐阜大学医学部附属病院薬剤部 副病院長/生体支援センター長/医療安全管理室長/教授(地域医療医学センター) 村上啓雄
岐阜大学医学部附属病院薬剤部 教授/薬剤部長 伊藤善規

                                                         
Summary

 岐阜大学医学部附属病院では,電子カルテ内の情報を参照し,患者に処方された全薬剤のみならず,病名や検査値等の患者情報を基に処方鑑査を行うシステムを構築しており,禁忌処方はシステム上では不可となる。一方,適応外使用の可否を審議する目的で,病院長直下に「臨床倫理室」を新たに設置し,やむを得ず適応外使用する場合には,あらかじめこの部門に使用申請し,承認を得なければならない。適応外使用する医薬品は,「疾患ごと」に審議するものと「症例ごと」に審議するものの2つのカテゴリーに分類され,前者は科学的根拠があり比較的安全性が高い医薬品,後者は抗がん剤や免疫抑制剤等のハイリスク薬が該当する。いずれの場合もデータベースを構築し,事例ならびに患者背景,実施された後の効果等の情報を記録している。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ