トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2017年11月号(Vol.53 No.11)

P117(2503)~122(2508)

特集 医薬品の禁忌・適応外使用

8.京都大学医学部附属病院における対応

京都大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長 深津祥央
京都大学医学部附属病院薬剤部 薬剤主任 尾崎淳子
京都大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長 石塚良子
京都大学医学部附属病院薬剤部 准教授/副薬剤部長 中川貴之
京都大学医学部附属病院薬剤部 教授/薬剤部長 松原和夫

                                                         
Summary

 未承認・適応外・禁忌の医薬品使用においては,使用状況を把握するための体系的な仕組みの構築,把握した医薬品使用の必要性等の検討状況の確認,必要な指導およびこれらの結果の共有が求められている。病院長の下,医薬品安全管理責任者,薬剤部門が中心となって体制を整備し,日々の使用把握・処方監査・指導・情報共有を行っている施設が多い。京都大学病院では,これらの医薬品使用にあたって,医師・薬剤師がリスク・ベネフィットを検討し,患者への説明とカルテ記載,使用条件の設定と遵守,副作用モニタリング等を行っている。また,必要な場合は使用の可否について,審査を受ける運用として医薬品安全管理の強化に取り組んでいる。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ