トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2017年11月号(Vol.53 No.11)

P167(2553)~169(2555)

連載 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報〈22〉

ニンラーロ®カプセル2.3mg, 同3mg,同4mg

京都大学医学部附属病院薬剤部 櫻井香織
京都大学医学部附属病院薬剤部 教授/薬剤部長 松原和夫

                                                         
Summary

◆製剤の特徴
 「ニンラーロ®カプセル2.3mg,同3mg,同4mg(イキサゾミブクエン酸エステル)」は,再発または難治性の多発性骨髄腫に適応を持つ,国内初の経口プロテアソーム阻害剤である。イキサゾミブクエン酸エステル(イキサゾミブ)は,20Sプロテアソームに選択的かつ可逆的に結合し,そのキモトリプシン様活性を阻害することで腫瘍細胞のアポトーシスを誘導する。経口投与可能なプロテアソーム阻害剤は本剤が初めてであり,患者の利便性を考慮した点で有用である。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ