トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P9~15

特集 運動器-エネルギー代謝連関 Review

骨産生ホルモンと全身性の制御

Bone-derived hormones and their systemic regulation.

徳島大学藤井節郎記念医科学センター 髙士祐一(Yuichi Takashi)
徳島大学藤井節郎記念医科学センター・特任教授 福本誠二(Seiji Fukumoto)
徳島大学藤井節郎記念医科学センター・顧問 松本俊夫(Toshio Matsumoto)

                                                         
Summary

 骨は生体の支持,内臓の保護,造血といった機能を有することに加え,近年,内分泌臓器として全身性の制御にも関与することが明らかとなってきた。これまでに,リン代謝を制御する線維芽細胞増殖因子23,および糖・エネルギー代謝に関与するオステオカルシンが骨産生ホルモンとして報告されている。これらに加え,スクレロスチン,インターロイキン-11,リポカリン2も,骨産生ホルモンとして研究が進んでいる。今後,骨産生ホルモンを介した多臓器ネットワークの解明が進み,新たな薬剤開発の一助となることが期待される。


 Bone has several functions such as supporting our body, protecting internal organs and contributing to hematopoiesis. Recently, it has been revealed that bone also works as an endocrine tissue and systemically regulates functions of other organs. It has been reported that fibroblast growth factor 23(FGF23)regulates phosphate metabolism and osteocalcin affect glucose/energy metabolism. In addition, sclerostin, interleukin-11(IL-11)and lipocalin 2 have been also found to be bone-derived humoral factors. Further investigation concerning the network systems among multiple organs via bone-derived hormones may lead to the development of new drugs.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ