トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P23~29

特集 運動器-エネルギー代謝連関 Seminar

骨格筋内の遺伝子調節を介した全身のエネルギー代謝制御機構

Mechanisms of systemic energy metabolism control through gene regulation in skeletal muscle.

東京慈恵会医科大学細胞生理学講座/国立精神・神経医療研究センター神経研究所遺伝子疾患治療研究部 谷端淳(Jun Tanihata)
国立精神・神経医療研究センター神経研究所遺伝子疾患治療研究部・部長 武田伸一(Shin'ichi Takeda)

                                                         
Summary

 骨格筋は人体の中で最大の組織であり,全身恒常性の調節に重要な役割を果たし,カロリーの利用可能性や身体活動に対する代謝応答において顕著な可塑性を示す。骨格筋は自身の活動状態に応じ,環境に適した筋量を維持するだけでなく,外的・内的要因により骨格筋自体が筋線維組成を変化させることで,全身のエネルギー調節に影響を与える。
 本稿では全身のエネルギー消費を大きく司る骨格筋の筋線維組成の変化を,その転写調節機構に着目して概説する。


 Skeletal muscle is the largest tissue in the human body and plays an important role in the regulation of systemic homeostasis and displays remarkable plasticity in their metabolic responses to caloric availability and physical activity. Skeletal muscle maintains muscle mass suitable for the environment according to its own activity state. Skeletal muscles also affect the energy regulation of the whole body by skeletal muscle itself changing muscle fiber composition due to external and internal factors.
 This review focuses on the transcriptional regulation mechanism of muscle fiber type, which is responsible for overall energy consumption.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ