トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P57~64

特集 運動器-エネルギー代謝連関 Topics

運動と脳機能

Exercise and brain function.

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達学・助教/日本医療研究開発機構AMED-CREST 小野岳人(Takehito Ono)
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達学・教授/日本医療研究開発機構AMED-CREST 中島友紀(Tomoki Nakashima)

                                                         
Summary

 認知症などの精神・神経疾患は要介護の主要な原因の一つである。運動機能の低下が認知症発症のリスクを上昇させること,適度な全身運動や咀嚼運動が気分の高揚や認知機能の増加,リラックスをもたらすことから,運動療法が脳機能の向上に有効であると考えられてきた。運動は脳機能に直接影響するだけでなく,脳機能障害の背景に存在する高血圧や糖尿病などの疾患に対する改善効果もあり,それを介した間接作用によっても脳機能を向上させうる。近年,運動による脳機能制御の分子機構に関する一連の研究により,運動療法の有効性が裏付けられた。今後,脳機能障害の予防や治療のために,運動療法が効果的に適用されることが期待される。


 Cognitive dysfunction is a public health issue, which is one of the main contributing factors for need-of-care, afflicting patients and their caretakers. It is well accepted that physical activity is in close relationship with brain function. Accumulating data has indicated that exercise training can improve brain functions both directly and indirectly via the alleviation of the diseases underlying, including hypertension and diabetes. Recently, mechanisms bridging brain functions and physical exercises have begun to be clarified. Further studies are required for the understanding of the whole picture of neuropsychiatric diseases and for the development of effective exercise therapy for these diseases.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ