トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P73~80

特集 運動器-エネルギー代謝連関 Topics

先制医療の実現に向けた運動模倣薬の開発

Developing Exercise-mimicking Drugs toward Realization of Preemptive Medicine for Lifestyle-related Diseases.

東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科・特任准教授 岩部真人(Masato Iwabu)
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科・准教授 山内敏正(Toshimasa Yamauchi)
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科・特任准教授 岩部美紀(Miki Okada-Iwabu)
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科・教授 門脇孝(Takashi Kadowaki)

                                                         
Summary

 現代社会において,運動不足による肥満を病態基盤とするメタボリックシンドローム・糖尿病・心血管疾患・癌・アルツハイマー病が激増している。運動が生活習慣病の根本的な予防法・治療法となることは周知の事実であるが,現代人のライフスタイルを考慮に入れると,継続的な運動の実践が困難な状況が浮かび上がってくる。そのため,運動をした時と同じような生体反応,すなわち運動シグナルを活性化するような運動模倣薬の登場が世界中で待望されている。本稿では,生活習慣病の鍵分子であるAdipoRの運動模倣メカニズムの解説と,先制医療の実現に向けた運動模倣薬としてのAdipoR活性化低分子化合物の今後の展望について概説する。


 Modern society is characterized by an explosion of lifestyle-related diseases that have, as their basis, obesity due to lack of exercise, which include the metabolic syndrome, diabetes, cardiovascular disease, cancer, and Alzheimer's disease. While exercise is known to be a definitive preventive or therapeutic measure against these diseases, it is clear that contemporary lifestyles tend to make exercise rather difficult to continue. Thus, there are mounting expectations worldwide for exercise-mimicking drugs that activate exercise-mediated signaling pathways. Therefore, this review discusses the mechanisms through which the adiponectin receptor(AdipoR)likely mimics exercise as a key molecule in lifestyle-related diseases, as well as the prospects for emerging small-molecule AdipoR-activating compounds that contribute toward realization of preemptive medicine for lifestyle-related diseases.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ