トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P93~101

特集 運動器-エネルギー代謝連関 Therapy

女性ホルモンとエネルギー代謝

Impact of estrogen signaling in energy expenditure and metabolism.

東京大学医学部附属病院産婦人科学教室・准教授 平池修(Osamu Hiraike)
東京大学医学部附属病院産婦人科学教室・教授 大須賀穣(Yutaka Osuga)

                                                         
Summary

 性ステロイドホルモン・エストロゲンは性中枢に作用するのが主な機能であるが,それ以外にも全身的な作用があり,自然または卵巣摘出術後閉経女性や,エストロゲンを補充するホルモン補充療法に関する疫学的データと,マウスを中心とした研究により,エストロゲンには顕著な耐糖能障害改善作用があることが知られている。その作用は脳,膵臓,筋,脂肪組織,マクロファージなどの全身臓器に及ぶため多彩であり,様々な機序が見出されている。分子細胞生物学的検討では,このエストロゲンの糖代謝改善作用にはエストロゲン受容体(ER)のERαとERβ,特にERαが中心とした関与を示す。


 There are numerous characteristics of females as a higher organism and maintaining appropriate level of estrogen is possibly the most fundamental and important factor for reproductive aged women. Appropriate secretion of estrogen during the reproductive age is indispensable to keep female in healthy condition. In addition to natural menopause and surgical menopause, aberrant secretion of estrogen in reproductive aged women may predispose to increase risk of osteopenia, dyslipidemia and impaired glucose tolerance, and epidemiological studies and experimental data strongly support that estrogen possesses anti-diabetic properties. The function of estrogen in glucose homeostasis can be explained by direct functions of estrogen and by indirect function through estrogen receptors(ERs), although the latter is believed to be mainstream. ERα is believed to be the key ER in brain, pancreatic, liver, muscle, adipose tissues, and macrophages.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ