トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P117~121

学会レポート ASBMR 2017 REPORT

ASBMR topics臨床系(Translational Researchを含む)

ASBMR topics from clinical to translational research.

大阪大学医学系研究科小児科学・教授 大薗恵一(Keiichi Ozono)

                                                         
Summary

 今年のASBMRの主なトピックスの一つは,加齢と老化細胞に対する研究の進歩であり,骨粗鬆症を加齢に伴うage-related diseaseとして捉えることにより,新たな治療戦略が期待されることが示された。また,代謝性骨疾患や骨系統疾患において,抗体や修飾リガンドによる増殖因子やホルモン作用の修正,異所性石灰化の抑制,筋肉増強などの機序による新しい治療薬,候補薬の報告が多く見られた。


 Aging and senescence are main topics in this ASBMR Annual Meeting as both the Aurbach lecture and Avioli award lecture focused on the topic. Osteoporosis is one of typical age-related disease and elimination of senescent cells is new strategy of treatment for osteoporosis. Antibody and synthetic antagonist or agonist which modify the action of hormone and growth factor, an inhibitor of ectopic bone formation and a stimulator of muscle mass have been developed as a new drug for metabolic bone diseases and skeletal dysplasias.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ