トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年1月号(Vol.28 No.1)

P122~127

連載 ミニ連載Ⅱ.エクソソーム:老化関連疾患の分子機構から体液診断まで

1.骨代謝と骨疾患におけるエクソソームの役割

The biological role of exosomes in bone remodeling and bone diseases.

国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野/東京慈恵会医科大学泌尿器科 占部文彦(Fumihiko Urabe)
国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野 吉岡祐亮(Yusuke Yoshioka)
国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野・分野長 落谷孝広(Takahiro Ochiya)

                                                         
Summary

 エクソソームは脂質二重膜の小胞であり,生体内のあらゆる細胞より分泌される。エクソソームにはmRNA,microRNA,DNA断片といった核酸分子や蛋白質,脂質など元の細胞由来の物質が内包されており,体液中を循環し受容細胞に取り込まれ機能する。これにより様々な病態に関与し,従来の細胞間情報伝達物質であるサイトカインやケモカインに加わる新たな因子として注目されている。また近年,骨疾患においてもエクソソームの関与が報告されており,骨疾患の病態を理解する上でも重要な因子となり得る。


 Exosomes are about 100nm membrane vesicles, and released from almost all cell types. They carry and transfer a wide variety of molecules, such as mRNAs, microRNAs, proteins, and lipids, as modulators of intercellular communication. Various studies have shown that this exosome-mediated intercellular communication lead to proliferation, invasion and metastasis of cancer cells. In addition to that, emerging data suggest that exosomes are also involved in physiological processes of bone remodeling and bone diseases. Increasing understanding of the working mechanism of exosomes will provide us with new therapeutic and diagnostic opportunities. Here we summarize the current research on exosomes in bone remodeling and bone diseases.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ