トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年2月号(Vol.28 No.2)

P17(175)~21(179)

特集 生体骨イメージング最前線 ~新しい創薬に向けて~ Review

生体骨イメージングの基礎

Basis of intravital bone imaging.

大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科・免疫細胞生物学・助教 菊田順一(Junichi Kikuta)
大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科・免疫細胞生物学・教授 石井優(Masaru Ishii)

                                                         
Summary

 骨組織内には,リモデリングに関わる破骨細胞や骨芽細胞,骨髄内で分化・成熟を遂げる単球・顆粒球・リンパ球,その他の間葉系細胞や造血幹細胞など,多種多様な細胞が存在し,お互いがネットワークを形成することによって,日々多彩な生命現象が営まれている。近年,二光子励起イメージング技術が発展し,個体を生かしたままで生体骨組織内の細胞の挙動をリアルタイムで観察することが可能となり,骨組織内の複雑な細胞動態ネットワークとその制御機構が明らかになってきている。
 本稿では,生体骨イメージングの基礎とその応用を概説する。


 In bone tissues, there are various kinds of cell types, such as osteoclasts, osteoblasts, monocytes, granulocyte, lymphocytes, mesenchymal cells and hematopoietic stem cells. They form a network with each other, and play critical roles in our life activities. The recent development of intravital two-photon imaging has enabled us to visualize the in vivo behavior of bone marrow cells in living bone tissues. This technique facilitates investigation of cellular dynamics in the physiology and pathogenesis of bone disorders in vivo, and would thus be useful for evaluating the efficacy of novel drugs. In this review, we summarize the basis of intravital bone imaging, and also discuss its further application.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ