トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年2月号(Vol.28 No.2)

P35(193)~42(200)

特集 生体骨イメージング最前線 ~新しい創薬に向けて~ Seminar

生体骨イメージング画像の定量的解析法

Quantitative data analysis for live imaging of bone.

大阪大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻・准教授 瀬尾茂人(Shigeto Seno)

                                                         
Summary

 骨組織は固い石灰質に囲まれており,その内部を生きたまま観察することは困難であった。しかし近年の顕微鏡技術や蛍光プローブ技術の進展に伴い,骨の細胞社会を形成する様々な細胞の多様な活動を見ることが出来るようになっている。その一方で,データの量的な増大と取得される情報の質の多様化や複雑化は,人力による定量的な解析を困難にしており,顕微鏡画像の自動処理やデータ解析についての情報科学的な方法論の開発が期待されている。
 本稿では,生物学と情報科学の境界領域であるバイオイメージ・インフォマティクスという研究分野を紹介し,その後,生体骨イメージングデータの解析のための課題と基礎的な画像処理技術を概説する。


 Bone tissue is a hard tissue, it was difficult to observe the interior of the bone tissue alive. With the progress of microscopic technology and fluorescent probe technology in recent years, it becomes possible to observe various activities of various cells forming bone society. On the other hand, the quantitative increase in data and the diversification and complexity of the images makes it difficult to perform quantitative analysis by visual inspection. It has been expected to develop a methodology for processing microscopic images and data analysis.
 In this article, we introduce the research field of bioimage informatics which is the boundary area of biology and information science, and then outline the basic image processing technology for quantitative analysis of live imaging data of bone.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ