トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年2月号(Vol.28 No.2)

P79(237)~84(242)

特集 生体骨イメージング最前線 ~新しい創薬に向けて~ Therapy

生体骨イメージングによる骨吸収抑制薬の作用解析

The effects of anti-bone-resorptive drugs analyzed by intravital bone imaging.

大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科・免疫細胞生物学・助教 菊田順一(Junichi Kikuta)
大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科・免疫細胞生物学・教授 石井優(Masaru Ishii)

                                                         
Summary

 現在,様々な骨吸収抑制薬が開発され臨床現場で汎用されているが,薬剤が生体骨組織内で実際にどのような効果を示すのか,生体内における薬理作用を細胞レベルで解析した報告は少ない。我々はこれまで,生体骨イメージング技術を用いて,生体骨組織内における破骨細胞の動態を可視化し,活性型ビタミンD製剤やビスホスホネート製剤をはじめとした骨吸収抑制薬の薬効を明らかにしてきた。本稿では,これらの研究成果について概説する。


 In clinical, various kinds of anti-bone-resorptive drugs have been used for the treatment of bone disorders such as osteoporosis. However, it remains elusive how they affect the osteoclast dynamics in living bone tissues. We recently succeeded in visualizing cellular dynamics of bone-resorbing osteoclasts and their precursors with intravital bone imaging techniques. We found that active vitamin D analogs could regulate the migratory behavior of circulating osteoclast precursors, whereas bisphosphonates could affect mature osteoclasts and inhibit bone resorption within a short period. Here we show the latest data of in vivo effects of anti-bone resorptive drugs currently developed in the world.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ