トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

化学療法の領域 2018年2月号(Vol.34 No.2)

P101(279)~108(286)

特集 感染性心内膜炎のマネジメント・最新の動向

8.歯科処置時における感染性心内膜炎予防投与

Antibiotic prevention of infective endocarditis due to dental procedures

東海大医学部付属八王子病院口腔外科 教授 坂本春生(Haruo Sakamoto)
東海大医学部付属八王子病院口腔外科 准教授 唐木田一成(Kazunari Karakida)
東海大医学部付属八王子病院口腔外科 助教 高橋美穂(Miho Takahashi)
東海大医学部付属八王子病院口腔外科 重野健一郎(Kenichiro Shigeno)
東海大医学部付属八王子病院口腔外科 日高真吾(Shingo Hidaka)

                                                         
Summary

 歯科処置時に感染性心内膜炎(IE)発症リスクのある患者に抗菌薬の予防投与が勧められている。抗菌薬予防投与の効果については,ヒトにおける無作為比較試験(RCT)が行われていないため結論は出ていない。2007年,米国心臓協会(AHA)は予防投与の対象を限定,その後2008年,英国医療評価機構(NICE)はすべての予防投与を中止するガイダンスを発表した。その後,英国においてはIEの発症数が増加しているとの報告があり,各国で検証がなされている。わが国でも,予防投与による発症予防効果と経済性,抗菌薬による副作用などを勘案してガイドラインの改訂が進められている。本稿では予防投与の歴史的背景と現状について記す。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ