トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

血液フロンティア 2018年2月号(Vol.28 No.2)

P79(205)~87(213)

特集 慢性リンパ性白血病(CLL)と類縁疾患

7.再発・難治性慢性リンパ性白血病(CLL)の治療

島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター/腫瘍・血液内科 講師 三宅隆明(Miyake Takaaki)
島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター/腫瘍・血液内科 教授 鈴宮淳司(Suzumiya Junji)

                                                         
Summary

 慢性リンパ性白血病(CLL)は欧米に比して日本では頻度の少ない疾患である。初発治療で寛解に到っても多くが再発する。再発・難治性CLLの治療は初回治療からの奏効期間とdel(17p)/TP53遺伝子変異の有無が重要となる。近年,新規薬剤であるB細胞受容体(BCR)阻害薬(イブルチニブ,idelalisib)やBCL2阻害薬(venetoclax)が臨床の場に登場し,del(17p)/TP53遺伝子変異などの高リスクのCLL患者に対しても,単剤または併用療法で効果を認めている。このためCLLの治療アルゴリズムが急速に変化しつつある。その中で位置付けは変わりつつあるが,若年者で適応があれば同種造血幹細胞移植も考慮される。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ