トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年2月号(Vol.54 No.2)

P93(295)~96(298)

特集 急増するアレルギー疾患の現状と今後の対策~アレルギー疾患対策基本法の推進に向けての展望~

7.皮膚アレルギー疾患対策の現状と課題

京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学・教授 加藤則人

                                                         
Summary

 アトピー性皮膚炎は,乳幼児から青壮年の約1割が罹患する,アレルギー性皮膚疾患である。一般に慢性的な経過をたどるが,適切な治療によって多くの場合は症状のコントロールが可能である。症状がコントロールされた状態が長く維持されると,薬物療法が不要になることも期待できる。患者や,その養育者がアトピー性皮膚炎の病態や治療の意義を理解し,個々の状況に応じた適切な治療を受けるとともに,自己管理の手法を身につけることが重要である。そのためには,かかりつけ医と専門医が連携した医療体制の構築,国民や医療従事者,教職員等にWebサイト等を通じた情報提供や講習会等を国や自治体が中心となって提供していくことが求められる。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ