トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年2月号(Vol.54 No.2)

P103(305)~107(309)

特集 急増するアレルギー疾患の現状と今後の対策~アレルギー疾患対策基本法の推進に向けての展望~

9.アレルギー疾患医療提供体制における管理栄養士の役割と課題

公益社団法人 日本栄養士会・専務理事 迫和子

                                                         
Summary

 食物アレルギー児・者に対する栄養指導は,医師の診断,指示に基づき「必要最小限の食物除去の指導」を行い,「適切な栄養量を摂取し,楽しく豊かな食生活を送る」ことや「“食べられる範囲”を定期的に確認しながら,食生活の幅を広げる」ことにある。そこで,日本栄養士会は,地域の関係機関が連携して児・者を支えるために食物アレルギー管理栄養士・栄養士の認定を開始するとともに,拠点病院等への配置を目指して食物アレルギー専門管理栄養士の養成を行うこととした。さらに,JDA-DAT(日本栄養士会災害支援チーム)による大規模災害時の食物アレルギー児・者への栄養支援活動を推進している。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ