トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

化学療法の領域 2018年3月号(Vol.34 No.3)

P77(433)~84(440)

特集 マイクロバイオームと生体恒常性・疾患

7.循環器疾患とマイクロバイオーム

Cardiovascular disease and microbiome

神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野 准教授 山下智也(Tomoya Yamashita)
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野 教授 平田健一(Ken-ichi Hirata)

                                                         
Summary

 腸内マイクロバイオームと循環器疾患との関連調査研究が進み,特定の菌種や腸内細菌代謝物と疾患発症との関係が報告されている。我々は冠動脈疾患の発症と腸内細菌叢との関係を調査して報告した。さらに,その結果を用いて疾患発症リスク評価に使用できないか?という取り組みを行った。本稿では口腔ならびに腸内マイクロバイオームと動脈硬化を中心に循環器疾患との関連性に着目して,これまで報告されている研究成果を紹介し,マイクロバイオームを臨床医学の中で検査することの意義についても考察したい。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ