トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P9(459)~16(466)

特集 牛乳・乳製品と骨 Review

牛乳・乳製品と骨:総説

Milk, Daily products and Bone health. Effect of milks and daily products on bone health.

岡山県立大学保健福祉学部栄養学科・教授 久保田恵(Megumi Kubota)
岡山県立大学保健福祉学部栄養学科・助教 井上里加子(Rikako Inoue)

                                                         
Summary

 従来,日本では骨粗鬆症や骨折予防の栄養指導は,食事からのカルシウム摂取の改善に主眼をおいて実施され,その中でも牛乳・乳製品の摂取が推奨されてきた。しかし,日本人を対象として骨密度の増加や骨折の発生に対する牛乳・乳製品の摂取効果を明らかにするための無作為化割付比較試験はほとんど行われていない。そこで牛乳・乳製品の摂取と骨密度や骨折に関するエビデンスをレビューした結果,中高年期の骨量減少やその後の骨折を抑制する効果は強くなかった。しかし,週に1回以下の牛乳摂取のような極端に低い摂取状況は大腿骨頸部骨折のリスクを上げる可能性が高いことや,日本人のカルシウム摂取量は低いことから,骨の健康のためには従来通り,成人や高齢者に牛乳・乳製品の摂取を増やすことを勧めることが必要である。


 In Japan, nutrition education programs to prevent osteoporosis and osteoporotic fractures have focused primarily on increasing dietary calcium intake and recommended the consumption of milk and dairy products. However, the effect of milk and dairy product consumption on bone density loss or fracture incidence in Japanese has rarely been evaluated in randomized controlled studies. In the present study, we reviewed the literature investigating the consumption of milk and dairy products in relation to bone density and fracture risk. The results showed that milk and dairy product consumption had only a modest effect in the prevention of midlife bone loss and subsequent fractures. However, given that infrequent(once weekly or less)consumption of milk may be associated with an increased risk of femoral neck fracture, and that Japanese generally have a lower calcium intake, it is still necessary to encourage elderly and younger adults to increase their consumption of milk and dairy products to promote bone health.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ