トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P27(477)~32(482)

特集 牛乳・乳製品と骨 Review

カルシウム摂取の年齢別推奨量

Milk, Daily products and Bone health. Milk, Daily products and Bone health.Dietary Reference Intakes of Calcium by age group.

女子栄養大学栄養生理学研究室・教授 上西一弘(Kazuhiro Uenishi)

                                                         
Summary

 体内のカルシウム量は年齢とともに変化する。日本人の食事摂取基準ではカルシウムの必要量は体内カルシウム蓄積量などを考慮して要因加算法で算出されている。その際,カルシウム吸収率が非常に重要な要因となる。成人期以降は体内のカルシウム量を維持するように,成長期には体内のカルシウム量を増加させるように数値は設定されている。
 カルシウム摂取の現状を見ると,日本人のカルシウム摂取水準は低く,さらに多くのカルシウム摂
取が必要である。


 The amount of calcium in the body changes with age. According to the Dietary Reference Intakes for Japanese(2015), the required amount of calcium is calculated by a factor addition method in consideration of the amount of calcium accumulated in the body, the amount excreted in urine, and percutaneous losses. At that time, the calcium absorption rate becomes a very important factor. Numerical values are set so as to increase the amount of calcium in the body during the growth phase in order to maintain the calcium content in the body after adulthood.
 Based on the available evidence, the calcium intake level of Japanese is low and needs to be increased.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ