トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P33(483)~41(491)

特集 牛乳・乳製品と骨 Seminar

牛乳・乳製品の栄養学的価値

Milk, Daily products and Bone health. Nutritional Value of Milk and Dairy Products.

女子栄養大学栄養学部・教授 石田裕美(Hiromi Ishida)

                                                         
Summary

 牛乳は,エネルギーあたりの栄養素密度が高く,歴史的に栄養不良等の回復に役立つという栄養的価値が認識されてきた。牛乳はアミノ酸スコア100と必須アミノ酸のバランスに優れ,食事に組み込むことで,食事全体のたんぱく質の質を高める。また,カルシウムについては含有量が多いだけでなく,食事に牛乳を組み込むことで食事全体のカルシウムの吸収率を高める。不足しがちな栄養素をサプリメントで摂取するのではなく,食品を組み合わせて食べることの栄養学的価値を示す代表的な食品である。さらに,100円あたりの栄養素密度も高く,経済的にも効率的な食品である。


 Milk has been historically recognized as having great nutritional value;its high nutrient density per energy makes it useful for individuals recovering from malnutrition among others. Milk is composed of an excellent ratio of essential amino acids, with an amino acid score of 100, and enhances the protein content when served with a meal.
 Additionally, not only is milk rich in calcium, but the absorption rate of calcium contained in the meal increases when milk is served with a meal. Instead of consuming nutritional supplements to make up for a lack of nutrients in the diet, Milk is a representative food that highlights the nutritional value of taking one food in combination with other foods. Moreover, milk costing as little as 100 contains high nutrient density, making it an economically efficient food.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ