トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P43(493)~48(498)

特集 牛乳・乳製品と骨 Seminar

牛乳カルシウムの特徴

Milk, Daily products and Bone health. Characteristics of calcium in milk.

大妻女子大学家政学部・教授 青江誠一郎(Seiichiro Aoe)

                                                         
Summary

 牛乳は100 mL中に約110 mgのカルシウムを含んでおり,良質のカルシウム供給源となっている。牛乳のカルシウムは,カゼイン結合性カルシウム,ミセル性リン酸カルシウム,可溶性カルシウムとして存在している。また,牛乳のカルシウムは,吸収性にも優れていることが報告されている。日本人を対象とし,牛乳,小魚,野菜のカルシウム吸収率を評価した結果,牛乳のカルシウム吸収率は他の食品に比べて高いことが示された。牛乳のカルシウム吸収率が高い理由として,カルシウムの存在形態,乳糖によるカルシウム吸収促進,カルシウムの溶解性を高めるカゼインホスホペプチドが含まれるためと考えられる。牛乳より調製したミセル性リン酸カルシウム複合体を用いてラットに投与した結果,ミセル性リン酸カルシウム複合体は小腸内で可溶性の形態を保持するため,不溶性の乳清カルシウムに比べて吸収性に優れていると推察された。


 Milk contains approximately 110mg of calcium per 100mL of milk, a good source of dietary calcium. The calcium in milk comprises of calcium caseinate, micellar calcium phosphate and soluble calcium. It is also reported that the calcium in milk has an excellent bioavailability. Intervention studies of Japanese women have shown that the absorption rate of calcium in milk was greater than that found in small fish and vegetables. Factors taken into account as contributing to higher absorption rates of calcium in milk were:1)the types of calcium present(caseinate, micellar, soluble), 2)the presence of lactose which promotes calcium absorption, and 3)the presence of casein-phosphopeptide which increases soluble calcium fraction. Higher solubility was also observed in the small intestine of rats fed a micellar calcium phosphate casein-phosphopeptide(MCP-CPP)complex prepared from milk compared to that in rats fed insoluble whey calcium.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ