トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P49(499)~56(506)

特集 牛乳・乳製品と骨 Topics

牛乳・乳製品と認知機能

Milk, Daily products and Bone health. Effect of Milk or Milk Protein on Cognitive Function.

愛媛大学大学院医学系研究科薬理学・教授 茂木正樹(Masaki Mogi)

                                                         
Summary

 久山町研究より,日本人において牛乳・乳製品の摂取量が多い集団では認知症,特にアルツハイマー病の発症が抑制される可能性が報告された。元々牛乳・乳製品の摂取量の多い欧米人では,脂肪分過多による血管系への影響が危惧されるが,日本人では牛乳・乳製品の摂取量が少ないために,多めに摂取することは牛乳・乳製品のメリットを導くと考えられる。我々の基礎研究から,乳由来のペプチドであるCH-3がアルツハイマー病モデルマウスにおいて認知機能低下を抑制したが,臨床的にも乳由来ペプチド投与による認知症患者への効果が報告されている。こうした認知機能低下を抑制する乳成分がわかれば,より効果的な認知機能に効果のある牛乳・乳製品が産生されることが期待される。


 Increase in milk and dairy intake reduces the development of all-cause dementia, especially Alzheimer's disease(AD)in elderly Japanese population from the Hisayama study. Recent meta-analysis also indicates that beneficial effect of milk and dairy intake on cognitive disorders is significantly observed in Asian population. We have reported that oral administration of milk peptide, CH-3 to AD model mice not only improved cognitive function but also suppressed the expression of inflammatory cytokines and production of oxidative stress. Moreover, administration of other milk proteins improves cognitive function or outcome in AD patients. These findings indicate that milk and dairy intake have possible anti-dementia effects. Further analysis should be necessary to overcome the explosion of dementia worldwide with lifestyle modification.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ