トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P63(513)~67(517)

特集 牛乳・乳製品と骨 Topics

ラクチュロースと骨の健康

Milk, Daily products and Bone health. The effect of lactulose on bone health.

森永乳業株式会社研究本部素材応用研究所・副主任研究員 境洋平(Yohei Sakai)

                                                         
Summary

 難消化性オリゴ糖であるラクチュロースは,上部消化管および小腸を未消化のまま通過し,大腸に到達する。大腸内で腸内細菌によって資化されることで,ビフィズス菌が優勢な腸内フローラがもたらされる。優勢となったビフィズス菌などの代謝によって放出される酢酸をはじめとした短鎖脂肪酸は,大腸内のpHを下げる。その結果,上部消化管および小腸で吸収されないまま大腸に流入していたカルシウムは再び可溶化し,便とともに排泄される前に吸収される。つまり,ラクチュロースの継続的な摂取は,カルシウムの吸収効率を高めることで骨の健康に寄与し得ると考えられる。


 Lactulose is a non-digestible oligosaccharide, consisting of galactose and fructose. Bifidobacteria in the large intestine assimilate and metabolize lactulose, which has not been degraded or absorbed by humans, and they subsequently proliferate. Predominant bifidobacteria release short chain fatty acids, such as acetic acid and lactic acid, into the intestinal tract by lactulose metabolization, which lowers the intraluminal pH. As a result, the calcium that has flowed into the large intestine without absorption in the small intestine is solubilized and absorbed in the large intestine. So that means continuous ingestion of lactulose might contribute to bone health by increasing the absorption efficiency of calcium.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ