トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P69(519)~74(524)

特集 牛乳・乳製品と骨 Topics

中学生・高校生の牛乳摂取と骨

Milk, Daily products and Bone health. Milk intake and Bone acquisition in junior high school and high school students.

女子栄養大学栄養生理学研究室・教授 上西一弘(Kazuhiro Uenishi)

                                                         
Summary

 中学生,高校生の時期は発育スパートの時期であり,身長,体重はもちろん骨量も増加する。この時期の骨量獲得が最大骨量に及ぼす影響は大きく,将来の骨粗鬆症の予防にもつながる。骨量獲得には,カルシウム摂取は重要であるが,食事摂取基準で示された値と,実際の摂取量には乖離が見られ,カルシウム摂取量を増やす努力が必要である。
 学校給食による牛乳提供の実績から考えても,この時期のカルシウム供給源としての牛乳飲用の意義は特に大きい。


 The junior high school and high school years are the periods during which development spurts occur, and bone mass increases including height and weight. The bone mass gain at this time has a big influence on the maximum bone mass, which also leads to prevention of future osteoporosis. Calcium intake is important for bone mass acquisition, but there is a divergence between the value indicated by the meal intake standard and the actual intake amount, and efforts to increase the calcium intake amount are necessary.
 From the results obtained by providing milk with school lunch, the significance of drinking milk as a source of calcium at this time is particularly large.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ