トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年4月号(Vol.28 No.4)

P75(525)~80(530)

特集 牛乳・乳製品と骨 Therapy

学校給食と骨量

Milk, Daily products and Bone health. Effects of School Lunch Programs on Bone Mass.

株式会社五頭・フードサービスマネージャー 小林奈穂(Naho Kobayashi)
帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科・教授 塚原典子(Noriko Tsukahara)
日本女子大学・名誉教授 江澤郁子(Ikuko Ezawa)

                                                         
Summary

 学校給食は,児童・生徒に適切な栄養の摂取ができる食事として提供されているだけでなく,生きた教材としても期待されている。本稿では,学校給食と骨量及び牛乳・乳製品の摂取習慣の関係について紹介する。学校給食の給食形態別(完全給食,ミルク給食,給食未実施)で骨量測定の結果を見ると,小・中年生共に完全給食群で踵骨骨量が高いことから,完全給食の実施が踵骨骨量に良好な結果をもたらすことがわかる。さらに,給食以外の牛乳・乳製品の摂取習慣で,小・中学生いずれにおいても完全給食群の「毎日食べる」割合が高いことは,将来的に学校給食の提供がなくなる高校生以降においての牛乳・乳製品摂取の習慣化にもつながることが期待される。


 In Japan, school lunches are provided to elementary and secondary student, not only for ensuring the intake of well-balanced and nutritious meal, but also hoping to improve their dietary habits. In this article, the authors review the effects of a school lunch program on the bone mass and dietary habits. The school lunch program was divided into 3 groups:a group provided with a complete school lunch, a group provided with only milk supplements, and a group provided with no supplement. The calcaneal bone mass was significantly higher in both primary and the junior high-school students given complete lunches compared with that in the other groups. Moreover, the intake of milk and milk products besides school lunches was more frequent in the groups that received complete lunches. The results suggest that the school lunch program, particularly that providing complete lunches, contributed to increasing the bone mass and improving the dietary habits.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ