トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P21(761)~26(766)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Review

変形性関節症の疫学

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Epidemiology of Osteoarthritis in Japan.

東京大学医学部附属病院22世紀医療センターロコモ予防学講座・特任教授 吉村典子(Noriko Yoshimura)

                                                         
Summary

 地域住民コホートのX線調査結果を用いて,膝,腰椎,股関節,手の変形性関節症(OA)の有病率について検討したところ,変形性膝関節症の有病率は54.6%(男性42.0%,女性61.5%),変形性腰椎症70.2%(男性80.6%,女性64.6%),変形性股関節症15.7%(男性18.2%,女性14.3%),手の変形性関節症の有病率は91.5%(男性89.9%,女性92.3%)であった。膝,腰椎,股関節のすべてにOA変化をみとめるものも全体の7.2%に認められた。OAと年齢,性別,体格との関連についても検討した。


 The prevalence of osteoarthritis(OA)in the knees, lumbar spine, hip joints, and hand joints was examined using the results of the X-ray survey performed in a population-based cohort entitled ROAD. The prevalence of knee OA was estimated as 54.6%(men 42.0%, women 61.5%), lumbar spondylosis as 70.2%(men 80.6%, women 64.6%), hip OA as 15.7%(men 18.2%, women 14.3%), and hand OA as 91.5%(men 89.9%, women 92.3%). The prevalence of OA in the knee, lumbar spine, and hip joints together was observed in 7.2% of the study population. We also examined the relationship of OA with age, gender, and body build.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ