トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P27(767)~34(774)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Review

海外の変形性関節症の疫学研究の枠組みと成果

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Epidemiological studies on osteoarthritis:design and findings.

東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座・特任研究員 藤井朋子(Tomoko Fujii)

                                                         
Summary

 海外では変形性関節症(OA)に関する地域住民に基づいた(population-based)疫学研究が行われ,リスク因子などが検討されてきた。またOA患者や発症リスクの高い人を集めた前向き研究が行われており,特に大規模なのが米国のOsteoarthritis Initiative(OAI)である。OAIは膝OAの生化学的,遺伝的,画像的バイオマーカーを検討することを目的とし,45~79歳の男女4,796人の参加者を2004年より追跡している。収集しているのは膝の症状や健康状態全般,使用薬剤,診察所見や身体機能テストデータ,膝関節レントゲン,MRI画像,生物検体などである。画像はあらゆる方法で読影されており,これらは公開されている。日本人研究者もこのようなリソースを使って研究を行うことが可能である。


 Several population-based studies on osteoarthritis(OA)have been conducted, and its risk factors have been examined. Other prospective studies on knee OA recruited individuals with OA and those without but highly at risk of OA. Osteoarthritis Initiative(OAI)in the United States is one of these studies that aimed to identify biochemical, genetic, and imaging biomarkers for the onset and progression of knee OA. In OAI, a total of 4,796 male and female participants aged 45-79 years at baseline have been followed since 2004. OAI is accumulating data that include participants' knee symptoms, health status, physical examination, physical performance, knee radiographs, knee magnetic resonance images, and biospecimens. Clinical data, images, and image assessments are publically available. Japanese researchers can also utilize these resources for their research.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ