トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P35(775)~42(782)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Seminar

3次元動態解析手法を用いた変形性膝関節症へのアプローチ

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. New approach to osteoarthritis of knee joints by 3D kinematic analysis.

大阪大学大学院運動器バイオマテリアル寄附講座・教授 菅本一臣(Kazuomi Sugamoto)

                                                         
Summary

 変形性膝関節症は患者数が1,000万人ともいわれる疾患である。その病態は依然不明であり,様々な方面から検討が加えられている。一方で治療方法に関して人工膝関節手術はその代表的治療である。それは失われた膝関節機能を可能な限り回復させることを目的としている。しかし術後の膝関節はどのように機能しているのか,また人工関節の理想のデザインはどのようなものかなどは十分には明らかにされていない。この本の中で照会されている分子生物学と全く異なるアプローチの最新の3次元動態解析の手法で,驚くべきことにこれらの問題点を解明できる可能性が示唆されるようになったが,本稿ではその成果の一端をご紹介したい。


 Osteoarthritis of the knee joints is a disease in which the number of patients is said to be 10 million. The pathomechanism is still unknown, and various researches has been performed. Total knee replacement is a representative treatment. It aims to restore the knee joint function as much as possible. However, the postoperative knee function and the ideal design of implant is not clarified. The latest three-dimensional kinetic analysis method is a completely different approach from the molecular biology queried in this book. It has surprisingly suggested the possibility to elucidate these problems and I would like to introduce some of the results in this chapter.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ